メールではなく【電話】で面接や内定を断るべし!


ハローワーク(以下、職安と表記)を
通して無事に就職できたでしょうか?

もし、そうであれば、
他にも応募している企業がある場合、
その応募の辞退の連絡をしなければなりません。

内定辞退は電話で応募を辞退する際は、
必ずメールではなく、
電話で対応するようにしましょう。

選考に残っている場合、
企業側から「入ってくれるのかも・・・」
という期待度も大きくなります。

内定辞退にメールは禁止そのようなメールで
辞退の連絡がくると、
「なんて礼儀のない人なんだ」
と思われてしまいます。

確かに、メールは便利ですが、
相手に対して誠意が伝わりづらいものです。

内定を辞退する場合にも、
電話で伝えても問題ありません。

しかしながら、
電話で伝えると「来てください」と
言われる可能性もありますので、
その際は、直接会社に出向きましょう。

「他社で内定が出たため」
「~~という点から辞退したいと思ったため」
など断る際は、
理由はしっかりと決めておきましょう。

また理由を伝えても
相手が納得しない場合、
反論される場合もあります。

その際は、
それもしっかりと受け止め、
自分なりの考えを伝えて
納得してもらいましょう。

中には、
「他に決まったんですか?」と
聞かれてくる会社もありますが、
言いたくなければ、
別にどこに決まったかまでは、
言う必要はありません。

「はい。実はそうなんです。」
と答えるだけで問題ありません。

ただ内定の断りでも、
面接の断りでも、

辞退をされると
企業も痛手を被りますので、
辞退するのであればなるべく早めに、
誠意を持って伝えましょう。

辞退した会社と、
どこで関わりを持つかは
わかりませんので、
なるべく穏便に済ませるように
努力致しましょう。

では次項は、
採用が決まった後の職安への対応
書いていこうと思います。

関連記事

 

職安の記事一覧

スポンサードリンク


職安活用ガイド 求職・転職の強い味方

現在、人材コーディネーターとして、人材派遣会社で転職者と企業のマッチングなどの 業務を行なっています。
皆さんは、職安(職業安定所・ハローワーク)について、深く知っていますか? 仕事を求め多くの人がアクセスする職安ですが、いざ使うとなったら、意外 と知らないことばかり…派遣の仕事は?正社員の仕事は?パートは?バイトは? 求められる人材は?そもそもどうやって使えばいいの?

当サイトの「職安活用ガイド」では、私が業務で培った職安の使い方から 知っておくと便利な「へぇ~」な知識まで様々な情報をお届けいたします。

Copyright© 2013 職安活用ガイド~はじめてでも大丈夫!~ All Rights Reserved.