職安で【給与】を上げられる?


職安で賃金アップ?ハローワーク(以下、職安と表記)で
求人を選ぶ際、
多くの方々が気にするのは、
賃金。つまり給与かと思います。

職安の求人情報は、
いくつか見るコツが存在します。

例えば、
月収18~25万、昇給あり
という求人があったとします。

ここで重要なことは、
前職と職種が似ていて、
経験があるからと言って、

『経験があるから、
18万から25万ってことは、
俺は20万越えかな~?』

と思ってはいけません。

重要なことは、
職安に書いてある
ほとんどの求人は
経験がある場合でも、
最低のランクから始まるものだと、
頭の中に入れておくべきです。

つまり、
18万から
はじまる可能性がある
頭の中に入れておく必要があります。

職安で給料をあげられる?最初から20万を超える
給与を予想していても、
実際には18万となっていては、
不満が募り、せっかく入った会社なのに、
辞めてしまう可能性を高めてしまいます。

給与は、まずは最低ランクをみて、
実際に入社した際に、
最低ランクから少しでも
給与が高かったらラッキーと思うべきです。

また昇給ありとなっている求人も
多いのですが、
これも落とし穴があるときがあります。

昇給ありとなっていても、
これは会社の業績によりますので、
「昇給が無い年もあるかもしれない」
ということを踏まえる必要があります。

転職や就職の際は、
給与のトラブル。
特に会社側と求職者側、
双方の「理解の違い」で
トラブルは起こしがちです。

重要なことは、

雇用契約を結ぶ際、
会社側は雇用条件を書面で
明確にする義務があります。

故に、入社する際は、
雇用条件を必ず確認するようにしましょう。

雇用条件を明確に表している
用紙を会社からもらうことがあれば、
隅々を見てみて、
雇用契約を結びましょう。

では次項は、
これに倣いまして、
雇用条件が求人情報と違った時の対処法
お話ししたいと思います。

関連記事

 

職安の記事一覧

スポンサードリンク


職安活用ガイド 求職・転職の強い味方

現在、人材コーディネーターとして、人材派遣会社で転職者と企業のマッチングなどの 業務を行なっています。
皆さんは、職安(職業安定所・ハローワーク)について、深く知っていますか? 仕事を求め多くの人がアクセスする職安ですが、いざ使うとなったら、意外 と知らないことばかり…派遣の仕事は?正社員の仕事は?パートは?バイトは? 求められる人材は?そもそもどうやって使えばいいの?

当サイトの「職安活用ガイド」では、私が業務で培った職安の使い方から 知っておくと便利な「へぇ~」な知識まで様々な情報をお届けいたします。

Copyright© 2013 職安活用ガイド~はじめてでも大丈夫!~ All Rights Reserved.