企業と【直接】連絡してはならない?


ハローワーク(以下、職安と表記)で
求職検索をしてみて、
良い求人を見つけましたでしょうか?

求職検索・印刷の方法を
知らない方はこちらを。
ハローワークカードとはなんぞや?

職安で求人情報を印刷してみると、
表側には求人情報一覧が、
裏側には企業への連絡先が書かれています。

では、この企業の連絡先を使って、
職安を通さずに直接応募できるものでしょうか?職安 直接企業に行く

実はいうと、
そういったことは止めておいた方が無難です。

どうしてかというと、
ハローワーク経由で
求人を出している企業は
“紹介状”を欲しがっていることが多いからです。

さて、この紹介状というのは、
簡単に言えば、真面目に職を探している人なので、
面接をお願いします、という
職安側から企業側に要請するために
発行されるものです。

企業側としても、
直接本人からの電話での応募の申し込みよりも、
職安経由から紹介された人の方が
素性も知れていて、
安心して面接もできるというわけです。

また、企業は職安施設からの
紹介で人を採用した場合、

“紹介状”があると
助成金を貰えます。

助成金の種類にもいろいろとありますが、
1人採用で12万5千円から

助成金の種類によっては
1人採用で100万円というものもあります。

特に中小規模の会社だと、
喉から手が出るほど
資金を増やしたがっている企業は
多いですので、

どうしても職安施設が出す“紹介状”を
欲しがってくる場合があります。

故に、どこかの企業に応募する際は、
必ず“紹介状”を付けた方が
無難ということです。

求人情報と企業の連絡先が分かったとしても、
職安を通して“紹介状”を貰い、
応募企業に渡しましょう。

では次項は“応募する前の注意点”を
書いていこうと思います。

関連記事

 

職安の記事一覧

スポンサードリンク


職安活用ガイド 求職・転職の強い味方

現在、人材コーディネーターとして、人材派遣会社で転職者と企業のマッチングなどの 業務を行なっています。
皆さんは、職安(職業安定所・ハローワーク)について、深く知っていますか? 仕事を求め多くの人がアクセスする職安ですが、いざ使うとなったら、意外 と知らないことばかり…派遣の仕事は?正社員の仕事は?パートは?バイトは? 求められる人材は?そもそもどうやって使えばいいの?

当サイトの「職安活用ガイド」では、私が業務で培った職安の使い方から 知っておくと便利な「へぇ~」な知識まで様々な情報をお届けいたします。

Copyright© 2013 職安活用ガイド~はじめてでも大丈夫!~ All Rights Reserved.