面接で採られる人ってどんな人?


職安で面接対策 マナーハローワーク(以下、職安と表記)を
通して今から企業に応募した際、
面接試験は確実にあります。

では、面接の際に
重要なこととは
一体なんなのでしょうか?

面接時に最も重要なことは、
ビジネスマナーです。

社会人として、
最低限のマナーが
出来ていることです。

これはどうしてかと言えば、
ビジネスマナー
加点対象になるわけではなく、
減点対象になるからです。

つまり、
ビジネスマナーが出来ていて、
当然と判断されるわけです。

あいさつや身なり、
名刺交換やお辞儀など、

出来ていないと、
面接時に減点されて、
落とされてしまうパターンが
意外に多くあります。

緊張をし過ぎて
頭が真っ白になる方も
時にはいらっしゃいますが、
まずはビジネスマナーです。

間違えやすい
ビジネスマナーをいくつか
出させて頂きますが、

例えば、

『面接時にドアを開けて、
「失礼します」と言いますが、
ドアを開けながら言うのが正しいのか?

それとも、ドアを閉めて、
面接官を見てから言う方が正しいのか?』

という質問があったとします。

対応としては、

まず、ドアをノックして中から
「どうぞ!」の返事があったら、
「失礼します」と言ってからドアを開けます。

開けたら必ずきちんと閉めてから、
相手を見て、「こんにちは」とか
「よろしくお願いします」と

あいさつをするのがマナーです。

面接終了後は、

椅子の脇に静かに立って
「ありがとうございました」と一礼し、

「大切なお時間をいただきありがとうございました」
等のお礼を述べて、

ドアを開けて外に出たら
もう一度室内に向き直り、
面接担当者に一礼してからドアを閉める。

こういったことが一連の流れになります。
面接時のビジネスマナーと言えば、
他にもいろいろとありますが、
こういったことが基本となります。

面接マナービジネスマナーは出来ている方と
出来ていない方では、
相手に与える印象が
大きく異なってくるものです。

では次項は、
採用が決まった後
対応について書いていきます。

関連記事

 

職安の記事一覧

スポンサードリンク


職安活用ガイド 求職・転職の強い味方

現在、人材コーディネーターとして、人材派遣会社で転職者と企業のマッチングなどの 業務を行なっています。
皆さんは、職安(職業安定所・ハローワーク)について、深く知っていますか? 仕事を求め多くの人がアクセスする職安ですが、いざ使うとなったら、意外 と知らないことばかり…派遣の仕事は?正社員の仕事は?パートは?バイトは? 求められる人材は?そもそもどうやって使えばいいの?

当サイトの「職安活用ガイド」では、私が業務で培った職安の使い方から 知っておくと便利な「へぇ~」な知識まで様々な情報をお届けいたします。

Copyright© 2013 職安活用ガイド~はじめてでも大丈夫!~ All Rights Reserved.