面接試験はココを1番に気をつけろ!


ハローワーク(以下、職安と表記)を
通して今から企業に応募した際、
面接試験は確実にあります。

では、面接の際に
重要なこととは職安と面接
一体なんなのでしょうか?

実は言うと、
メラビンの法則
というものがありますが、

「人がコミュニケーションを取る際に、
相手のどこを重要視するのか?」

というデータです。

1対1のコミュニケーションにおいて、
相手が自分に対して持つ印象は、

・見た目などの視覚情報が55%
・口調や話の早さなどの聴覚情報が38%
・話の内容などの言語情報が7%

です。

つまり、面接の話す内容よりは、
見た目などの視覚情報
強く相手に残りがちです。

故に、面接時のために、
まずは服装態度などを
見直すべきです。

では、面接時には
どのような服装で臨むべきなのでしょうか?

面接時の基本は、
「ビジネススーツ」姿が“基本”になります。

応募先を考えて
「面接という場面に、ふさわしいかどうか」
を主眼に置いて、服装を選ぶのが、
正しいやり方です。

例えば、男性の場合は、

メンズスーツが基本で、
紺やグレーの無地が良いです。
面接時と言えば、このオーソドックスな色合いのスーツが
好印象を持たれがちです。

逆に、派手な色合い・柄といったスーツは
避けるべきです。

女性の場合は、
レディススーツが基本です。
レディススーツの場合、
色合いは黒かグレーのものが、
オーソドックスです。

色合いは、極端に明るい色や、
派手な色・柄というものは避けましょう。

あとはスーツの汚れにも
気を付けましょう。

スーツの肩や袖などは、
面接会場に向かうまでに
汚れてしまうこともあります。

スーツの中に着る、
ワイシャツも袖口が汚
れることもあります。

もちろん、ネクタイがゆるんだり、
曲がったりしているのも
問題ですのですので、
身だしなみには気を付けましょう。

では、次項については
面接の話し方に焦点を当てていこうと
思います。

関連記事

 

職安の記事一覧

スポンサードリンク


職安活用ガイド 求職・転職の強い味方

現在、人材コーディネーターとして、人材派遣会社で転職者と企業のマッチングなどの 業務を行なっています。
皆さんは、職安(職業安定所・ハローワーク)について、深く知っていますか? 仕事を求め多くの人がアクセスする職安ですが、いざ使うとなったら、意外 と知らないことばかり…派遣の仕事は?正社員の仕事は?パートは?バイトは? 求められる人材は?そもそもどうやって使えばいいの?

当サイトの「職安活用ガイド」では、私が業務で培った職安の使い方から 知っておくと便利な「へぇ~」な知識まで様々な情報をお届けいたします。

Copyright© 2013 職安活用ガイド~はじめてでも大丈夫!~ All Rights Reserved.