求職登録をした際の【3つのメリット】


ハローワーク(以下、職安と表記)で
求職者の申込登録が出来ますが、
インターネットでも求人を探せるのに、
どうして、わざわざ足を運んで、
職安で求職者登録しないと
いけないのでしょうか?

そんな疑問が出てくるかもしれませんので、
この項は職安で求職者登録した際の
メリットを書かせて頂きます。

職安の3つのメリット

求職者登録をした際、
最大のメリットは
応募が出来る
という点です。

ハローワークインターネットサービス

を使えば、確かに求人情報を
探すことは出来ます。

しかしながら、
応募することは出来ません。
応募し、面接までこぎつけたい場合は、
職安の施設で求職者登録をする必要があります。

また、インターネットサービスで
求人情報を探せますが、
それは簡易情報であり、
詳細な情報は載っていません。

その詳細な情報が載っているのが、
各職安施設です。

そして、その職安施設で、
情報を見るためには、
求職者登録が必要なわけです。

求職者登録のメリットは、
他にも多々あります。

例えば最新情報を知れるという
メリットもあります。

インターネットサービスで載っている情報は、
基本前日までの情報です。

しかし職安施設で見れる情報は、
当日
つまり今日までの情報を見れます。

求人の中には、
先着順という求人もありますので、
たった1日と思われても、
その1日で勝負が付くこともあります。

つまり、求職者登録をする
メリットというのは、

1、求人検索だけでなく企業に応募できる。
2、各求人の簡単な情報だけでなく詳細な情報が見れる。
3、前日ではなく、今日までの最新情報が見れる。

というメリットがあるわけです。
就職、転職をお考えの方は、
身近な職安施設に求職者登録をして、
職安施設を活用してみると良いでしょう。

では、次項は早速、
求職者登録の方法を説明していきます。

関連記事

 

職安の記事一覧

スポンサードリンク


職安活用ガイド 求職・転職の強い味方

現在、人材コーディネーターとして、人材派遣会社で転職者と企業のマッチングなどの 業務を行なっています。
皆さんは、職安(職業安定所・ハローワーク)について、深く知っていますか? 仕事を求め多くの人がアクセスする職安ですが、いざ使うとなったら、意外 と知らないことばかり…派遣の仕事は?正社員の仕事は?パートは?バイトは? 求められる人材は?そもそもどうやって使えばいいの?

当サイトの「職安活用ガイド」では、私が業務で培った職安の使い方から 知っておくと便利な「へぇ~」な知識まで様々な情報をお届けいたします。

Copyright© 2013 職安活用ガイド~はじめてでも大丈夫!~ All Rights Reserved.