職安へどんな格好をしていけばいい?


職安へ行く格好ハローワーク(以下、職安と表記)に
行ったことがない方は
どのような格好をして、
どのような準備が必要か不安に
なってはいないでしょうか?

実は言うと、
雇用保険を受給される方でなければ、
準備していくものは、ほとんどありません。

職安で仕事を探したいという方は、
ほとんど何の準備もしなくても
問題ありません。

強いて言うとしたら、
求職申込書というものを
最初に書かなければなりませんので、
事前にご自身で作られた
履歴書をお持ちいただくと
よりスムーズに手続きを進められます。

また、何かをメモするためにも、
手帳やメモ帳、筆記用具は
持っておいた方が無難です。

あとは、
特にといって用意するものはありません。

服装の方も、
別段、スーツのような気合の入った
服を着てこなくても大丈夫です。

いつも着ている
普段着で問題ありません。

職安施設には、
入口近くに誘導員の方がいたり、
受付がありますので、
その方々に「利用ははじめてなのですが。」と聞けば、
丁寧に教えてくれます。

緊張する必要もありませんし、
気軽な気持ちで行ってみてください。
親切なスタッフの方々が多いので、
初めての方でも安心して職安は御利用できます。

さて仕事を探す方は、
ほとんど事前用意するものがありませんが、
雇用保険の申請

つまり失業保険の失業手当の
手続きをしたい方は、
以下のものを事前準備する必要があります。

<失業保険給付の提出書類一覧>

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 身分証明書(「運転免許証」か「住民基本台帳カード」、「パスポート」など)
  • 印鑑(認印)
  • 写真(3cm×2.5cmの証明写真)2枚
  • 銀行の普通預金口座の通帳(自分名義のもの。外資系や郵便局は不可)

を用意する必要があります。
用意が出来たら職安の案内の方に
「失業保険はどこで申請したら良いですか?」
と聞いてみましょう。
案内をして下さいますので、
その指示通りにしましょう。

では、次項は職安を有効利用するために、
求職者申込の際のメリット
書いていこうと思います。

関連記事

 

職安の記事一覧

スポンサードリンク


職安活用ガイド 求職・転職の強い味方

現在、人材コーディネーターとして、人材派遣会社で転職者と企業のマッチングなどの 業務を行なっています。
皆さんは、職安(職業安定所・ハローワーク)について、深く知っていますか? 仕事を求め多くの人がアクセスする職安ですが、いざ使うとなったら、意外 と知らないことばかり…派遣の仕事は?正社員の仕事は?パートは?バイトは? 求められる人材は?そもそもどうやって使えばいいの?

当サイトの「職安活用ガイド」では、私が業務で培った職安の使い方から 知っておくと便利な「へぇ~」な知識まで様々な情報をお届けいたします。

Copyright© 2013 職安活用ガイド~はじめてでも大丈夫!~ All Rights Reserved.