企業に応募する前に1チェックしよう


ハローワーク(以下、職安と表記)で
求職検索をしてみて、
良い求人を見つけましたでしょうか?

職安から書類を出す前に1度チェック職安を通して、
企業に応募しますが、
その前に 1回チェックしてみましょう。

まず選考方法を
チェックしましょう。

面接だけなのか、
それとも書類選考を含むのか、
もしくは筆記試験もあるのか、

一通りチェックしましょう。
これだけでもチェックしておくと、
これからの流れがある程度、把握できます。

また、印刷した求人情報は、
しっかりと保管しておきましょう。
これは2つの意味合いがあります。

1つめは入社が決まった際、
労働条件が求人情報に
書かれているとおりか
チェックするためです。

もしも、違っていた時は、
交渉材料として使える場合があるので、
取っておくと何かと便利です。

2つめは、選考の際に、
相手企業に行く場合、
住所と連絡先を確認できるからです。

面接選考当日になって、
相手の企業の場所も知らなければ、
電話番号も知らないという事態は
避けておきたいものです。

あとは応募する前に
職安のカウンセラーの方に、

応募企業の
「これまでの応募人数とその性別・年代を教えてもらう。」
のも良いです。

職安のカウンセラーの方が
使っている端末は、
その時点での応募人数や応募している性別・年代を
見ることが出来るので、
聞けば教えてくれます。

また、カウンセラーの方から、
応募企業に対しての「ホンネ」
聞くことも情報収集としては大切なことです。

こういったことを踏まえてから、
企業の面接に挑むのと挑まないのでは、
大きな違いが生まれてくるわけです。

では、今回の項をまとめてみますと、
応募する前に、

1、選考方法をチェックする。
2、求人情報は今後のためにしっかりと保管する。
3、職安のカウンセラーの方に応募企業の「ホンネ」を聞いてみる。

以上、3点でした。

では、次項はいよいよ応募の段階です。
その1段階目として履歴書等の
書類準備について書いていきます。

関連記事

 

職安の記事一覧

スポンサードリンク


職安活用ガイド 求職・転職の強い味方

現在、人材コーディネーターとして、人材派遣会社で転職者と企業のマッチングなどの 業務を行なっています。
皆さんは、職安(職業安定所・ハローワーク)について、深く知っていますか? 仕事を求め多くの人がアクセスする職安ですが、いざ使うとなったら、意外 と知らないことばかり…派遣の仕事は?正社員の仕事は?パートは?バイトは? 求められる人材は?そもそもどうやって使えばいいの?

当サイトの「職安活用ガイド」では、私が業務で培った職安の使い方から 知っておくと便利な「へぇ~」な知識まで様々な情報をお届けいたします。

Copyright© 2013 職安活用ガイド~はじめてでも大丈夫!~ All Rights Reserved.